ルート デュ テ エ デ シュヴォー
La Route du thé et des Chevaux
フランス語版


3000kmに及ぶ「茶馬古道」は、7世紀から20世紀までの間、中国とチベットの交易をになった唯一の道。馬、ラバ、ヤクがひく隊列と無数のポーターが行き交った。当時の中国は、雲南省南部と四川省でつくられていた名高い熟成茶のプーアル茶を、軍馬として鍛えられた屈強なチベット馬と交換していた。深い森、切り立った高い崖や滝つぼに、行く手を阻まれる危険きわまりない道のりを描いた美しい本。マリアージュ フレールが長年をかけて著作にあたった書籍。豊富な資料と撮り下ろし写真276点、全340ページ。マリアージュ フレールが年を追うごとに充実させるお茶にまつわる出版物の中でも白眉の1冊。すでに消失したと思われていた、はるか幻の交易路へと誘ってくれる。フランス語版


L510
¥9,000